読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JS.next

JavaScriptの最新実装情報を追うブログ

@@speciesが実装された

概要

クラスの種族を設定するためのビルトインシンボルが実装された。

続きを読む

Proxyについて

概要

Proxyを使うとオブジェクトに対する様々な操作に割り込み、好きな振る舞いをさせることが出来る。

続きを読む

正規表現の後読みが実装された

概要

後読みは「何かが直前に来る目標」を指す際に便利な表現である。

続きを読む

正規表現系のシンボルが実装された

概要

ES2015以前は正規表現オブジェクトを引数で取る関数は一般に、内部で引数が正規表現オブジェクトであるかどうかの判定をして、独自の処理をしていたが、
ES2015からは代わりに各処理に合うシンボルプロパティを持っているかどうかの判定をし、そのシンボルメソッドへ処理を委譲するようになった。

続きを読む

do式が実装された

概要

ブロック文のようでありながら、かつ中に書かれた最後の式の評価を返すdo式が実装された。

続きを読む

SharedArrayBufferとAtomics APIについて

概要

JSで大きな処理を効率良く捌きたい時、今までもWorker等でスレッド立てて処理を分割する事はできたが、
スレッド間のやり取りの方法は制限されたものしかなく、バッファを共有することもできなかった。
そこで新しく導入されたSharedArrayBufferを用いると、スレッド間で共同利用できるバッファを作る事ができる。

続きを読む

@@toPrimitiveが実装された

概要

オブジェクトがプリミティブ型に変換される際に、どんな処理を行いどんな値を返すか決めるためのビルトインシンボルが実装された。

続きを読む

デフォルト引数が実装された

概要

引数が渡されなかった際のデフォルト値の設定が可能になった。

続きを読む

SIMD型について

概要

新しいプリミティブ型であるSIMD型及びAPIがV8で実装されてきている。
SIMDとは、複数の数値を並べて1つの値としたようなデータ型である。
これはCPUによって効率良くサポートされているデータ型であり、
1 + 2 -> 3 をするように [ 1, 2, 3, 4 ] + [ 2, 3, 4, 5 ] -> [ 3, 5, 7, 9 ] を1回の演算ですることができる。
つまり、沢山の数値を扱う場面でSIMD型を利用することで、何倍ものパフォーマンス向上が期待できる。

続きを読む

Spread要素が実装された

概要

配列リテラルでSpread要素を使うと、イテラブルとして展開してそれぞれを要素にしてくれる。

続きを読む