読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JS.next

JavaScriptの最新実装情報を追うブログ

配列操作のメソッドが2つ実装された

★★☆ ES2015 新仕様実装 V8

実装されたメソッド


指定した関数に、配列の要素を順に与えて呼び出し、その関数がtrueを返したときの要素を返す


同じく、要素のインデックスを返す


要は指定した条件に合う配列の要素や、要素のインデックスが取れるということ。



使い方

// 5以上の要素を探す

var V, I
var A = [ 4, 3, 6, 8, 0 ]

V = A.find(function (value, index, array) {
    return value >= 5
})  // 6

I = A.findIndex(function (value, index, array) {
    return value >= 5
})  // 2

forループに置き換えるとこう

var V, I
var A = [ 4, 3, 6, 8, 0 ]

for (let array = A, index = 0; index < A.length; ++index) {
    let value = array[index]
    if (value >= 5) {
        V = value
        break
    }
}
V  // 6

for (let array = A, index = 0; index < A.length; ++index) {
    let value = array[index]
    if (value >= 5) {
        I = index
        break
    }
}
I  // 2


感想

配列の、条件に合う最初の要素やその位置が知りたいとき便利なメソッドだと思う。



実装されたバージョン

V8 3.20.13 4.5.73(デフォルト有効)