読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JS.next

JavaScriptの最新実装情報を追うブログ

Numberコンストラクタに新しい関数と定数が実装された

★★☆ ES2015 新仕様実装 V8

概要

NumberコンストラクタにES2015で追加された3個の定数と6個の関数が実装された。


実装された定数

MAX_SAFE_INTEGER

 JSの標準数値型である倍精度浮動小数点型で正確に扱える最大の整数値、「253-1」を返す

MIN_SAFE_INTEGER

 JSの標準数値型で正確に扱える最小の整数値、「-253+1」を返す

EPSILON

 JSの標準数値型においての計算機イプシロン、「2-52」を返す


実装されたメソッド

isFinite(x) (以前から実装済み)

 xが有限数かどうかの真偽値を返す

isInteger(x)

 xが整数かどうかの真偽値を返す

isNaN(x) (以前から実装済み)

 xがNaNかどうかの真偽値を返す

isSafeInteger(x)

 xが -253+1 以上 253-1 以下の値かどうかの真偽値を返す

parseInt(str[, rad])

 global.parseInt と同じ

parseFloat(str)

 global.parseFloat と同じ


補足

global.isNaN と Number.isNaN の違い

isNaN("123")         // false
Number.isNaN("123")  // false

isNaN("abc")         // true
Number.isNaN("abc")  // false

isNaN("NaN")         // true
Number.isNaN("NaN")  // false

global.isNaN は引数を数値としてパースしたときNaNになるかどうかの真偽値を返す関数。
Number.isNaN は正に引数が数値型のNaNかどうかの真偽値を返す関数。


実装されたバージョン

V8 3.24.12