JS.next

JavaScriptの最新実装情報を追うブログ

RegExp.prototype.flagsゲッターが実装された

概要 正規表現オブジェクトのフラグが何か取得するためのゲッターである。

ユニコードエスケープシーケンスが拡張された

概要 今まではサロゲートペアによる文字を1シーケンスで表すことが出来なかったが、ES2015では『\u{xxxxx}』の形式で「0xffff」を超える文字コードを表すことができる。

テンプレートリテラルが実装された

概要 テンプレート文字列を記述できる構文が実装された。

Class構文について

概要 待ち焦がれた人も多いことだろう。ES2015の一番の目玉機能とも言えるクラス構文が、ついにV8でサポートされた。 Class構文は、『関数(コンストラクタ)定義』+『.prototypeへのメソッド定義』の糖衣構文である。 JSで今まで様々に工夫されてきたクラ…

superキーワードについて

概要 長らく予約語であったsuperキーワードが、継承元の関数を呼ぶためのキーワードとして機能するようになった。

@@toStringTagが実装された

概要 例えば『Object.prototype.toString.call([])』と呼ぶと、『"[object Array]"』と帰ってくるが、 その「Array」の部分をどういう表記にするか設定できるビルトインシンボルが実装された。

プロパティの短縮定義記法が実装された

概要 オブジェクトリテラルが拡張されてプロパティを短く定義できるようになった。

正規表現のyフラグが実装された

概要 文字列の特定の位置からマッチさせたい時にyフラグを用いると、lastIndexの位置からのみマッチするようにできる。

メソッド定義記法が実装された

概要 オブジェクトリテラルが拡張されてメソッドを短く定義できるようになった。

@@unscopablesが実装された

概要 with文に与えたオブジェクトの特定のプロパティがスコープに含まれることを防ぐための、 ビルトイン"unscopables"シンボルが実装された。

ジェネレータについて

概要 V8でジェネレータ周りの実装が進んできたので、解説してみようと思う。

アロー関数が実装された

概要 ES2015を象徴する機能である、アロー関数構文の実装がついにV8で始まった。

2つのStringメソッドが実装された

概要 サロゲートペアを考慮して、String.fromCharCodeとString.prototype.charCodeAtと同じ働きをする String.fromCodePointとString.prototype.codePointAtメソッドが実装された。

型付配列に配列と同じメソッドが実装された

概要 ES5までは型付配列で配列のようなメソッドを使うことが出来ず、度々不便なこともあったが、 ES2015から多くの配列と同じメソッドが使えるようになった。

Map、Setが正しく実装された

概要 今までV8ではMap、Setコンストラクタの引数付きの呼び出しが正しく実装されていなかったが、この度正しく実装された。 引数にイテラブル(=@@iteratorメソッドを持つ)オブジェクトを渡すことで、それを元に初期化させることができる。

いろいろなオブジェクトに@@iteratorメソッドが実装された

概要 イテレータが期待される場面で呼ばれるビルトイン"iterator"シンボルメソッドが、様々なオブジェクトへ実装された。

イテレータについて

概要 V8でES2015のイテレーション周りの実装が進んできたので、解説してみようと思う。

{Map,Set}.prototype.{values,keys,entries}が実装された

概要 Array.prototype.{values,keys,entries}と同じような要領でコレクションを列挙することができる。 列挙される順序はコレクションに加えた順序と同じであることが保証される。

for文でのlet変数が毎ループ新スコープを持つようになった

概要 かつてはfor文初期化句で宣言された変数は、for文の直前で宣言されたように振舞っていたが、各ループでスコープを引きづらないように仕様が変更され、V8も追従した。

ES2015では何が同値とみなされるか まとめ

概要 ES2015で導入されるObject.isとCollectionのkeyにおいて、何が「同じ」と見なされるのかをまとめてみる。

Array.prototype.fillが実装された

概要 配列の指定した範囲を、指定した値で満たすことができる、破壊的メソッドである。

{Map,Set}.prototype.forEachが実装された

概要 Array.prototype.forEachと同じような要領でコレクションを列挙することができる。 列挙される順序はコレクションに加えた順序と同じであることが保証される。

Weak Collectionsがデフォルトで有効になった

概要 ES2015で導入される機能である、Promise、WeakMap、WeakSetコンストラクタがデフォルトで有効になった。

Object.observeについて

概要 Object.observeとは、オブジェクトの変更を監視するためのAPIであった。 ES2015,2016の候補として挙げられており、V8でデフォルトで有効にされるまでに至っていたが、 実装コストがかかる上、世のニーズとそれほど合っていないということで結局廃止され…

Symbolについて

概要 ES2015ではUndefined、Null、Boolean、Number、String、Objectの6つの型に加えて、新しい型Symbolが導入された。 シンボルはプリミティブ型で、文字列のようにプロパティのキーとして使える特徴を持つ。

String.prototype.normalizeが実装された

実装されたメソッド String.prototype.normalize(form = "NFC") form(初期値:"NFC")の形式で正規化した文字列を返す

MapとSetが+0と-0を区別しなくなった

概要 MapやSetとは、キーにあらゆる型のあらゆる値を使えるコレクションである。 かつてはキーとして+0と-0を区別していたのだが、区別しないことになり、V8の実装も追従した。

String.prototype.{startsWith,endsWith,includes} が正規表現を受け付けなくなった

概要 これらは文字列を期待するメソッドだが、splitの用に正規表現も受け付けると思われて解決しづらいバグの元になってしまわないように、正規表現オブジェクトが渡された時は専用のエラーを出すことになり、V8の実装も追従した。

Object.setPrototypeOfが実装された

実装されたメソッド Object.setPrototypeOf(target, proto) targetオブジェクトのプロトタイプをprotoに設定する 返り値はtargetで、protoはオブジェクトまたはnullである必要がある

Object.getOwnPropertySymbolsが実装された

実装されたメソッド Object.getOwnPropertySymbols(obj) オブジェクトが持つ全てのシンボルキーの配列を返す (文字列キーにおけるgetOwnPropertyNamesのシンボルキー版) シンボルに付いてはコチラの記事を参照