読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JS.next

JavaScriptの最新実装情報を追うブログ

Array.prototype.fillが実装された

★☆☆ ES2015 新仕様実装 V8

概要

配列の指定した範囲を、指定した値で満たすことができる、破壊的メソッドである。


API

Array.prototype.fill( value, start=0, end=this.length )

配列のstartからendの直前までの要素をvalueにする。
startやendには負数を指定して後ろからの位置を示すことも出来る。


a = new Array(6)
                   // 0    1    2    3    4    5    6
a.fill('X')        // ["X", "X", "X", "X", "X", "X"]
a.fill('Y', 2, 4)  // ["X", "X", "Y", "Y", "X", "X"]
a.fill('Z', -2)    // ["X", "X", "Y", "Y", "Z", "Z"]
                   //-6   -5   -4   -3   -2   -1


実装されるバージョン

V8 3.26.29 4.5.73(デフォルト有効)